flower

垂見圭竹profile

フラワーアーティスト。幼少より茶道・華道を嗜み師範となる。
株式会社竹中工務店設計部を経て、1997年LADAKH flower studioを設立。

「花と空間の調和」を軸に、独自の色彩感覚と凛としたエレガントな花あしらいで、企業やホテル、トップメゾン、レストラン、ショールームや個人邸宅のフラワーワーク・グリーンコーディネートをはじめ、空間のスタイリングやディレクション、トークショーなど活動の幅は多岐にわたる。
日本の文化、風情を基調にした色づかい、花材選びにモダンなエッセンスを加えた、透明感ある凛とした佇まいの花あしらいでフラワークリエイションを展開。インテリア、骨董にも造詣が深く、細部にまで研ぎ澄ました感性で作り上げる花の世界観に世界有数の企業やメゾンからも支持を得てコラボレーションワークにも多く携わる。
季節の花を生け、美しい暮らしを楽しむ「花のおもてなし教室」(東京・南青山、名古屋)には全国から生徒さんをお迎えし、花のある暮らしの豊かさを共有共感している。

<主なフラワーワーク>
ハリーウィンストン、カルティエ、ティファニー、ピアジェ、リッツカールトン東京、マンダリンオリエンタル東京、東京国立博物館、資生堂、日本航空、カッシーナ・イクスシー、レクサス星が丘、メルセデス・ベンツコネクション、FLEXFORM、StellarWorks(上海)、伊勢丹新宿本店、銀座三越 など

<主な掲載誌>
婦人画報、家庭画報、ミセス、VOGUE、I'm home. 、25ans 、 商店建築、フローリスト など

垂見圭竹

垂見圭竹
up